任意整理したら賃貸は?

任意整理したら賃貸は?

任意整理したら賃貸は?

弁護士や司法書士に依頼して、債権者と交渉の上借金を減額してもらう手続きを任意整理といいます。任意整理は他の債務整理と異なり、裁判所を通すことなく手続きが行えるため、裁判所に提出する書類を用意するなどの煩雑な手続きが必要なく、手続きがスムーズに行えるのが特徴です。しかし、他の債務整理と同様、自分の信用情報に事故情報として記載されてしまうため、今後5年程度は新たな借り入れを行うことは難しくなります。また、債権者の中には任意整理に応じないところもあるため、必ずしも借金が減額されるわけではない点に注意が必要です。
さて、任意整理を行った後でも賃貸アパートやマンションは問題なく入居できます。賃貸アパートやマンションの大家は、自分の職業や収入状況を把握した上で入居の許可を出すため、任意整理をしていたとしても入居には影響ありません。しかし、物件によっては毎月の家賃がクレジットカード払いのところがあります。任意整理を行ってしまうと、前述の通り自分の信用情報にその事実が記載されてしまうため、5年程度はクレジットカードを作る事が出来なくなります。任意整理後は、家賃をクレジットカードで支払う物件への入居は諦めたほうがよいでしょう。また、物件によっては賃貸アパートやマンションを借りる際の家賃を保証する「家賃保証会社」をつけることが義務付けられているところもあります。保証会社が自分の信用情報を閲覧した場合は、保証会社の審査に引っかかるため入居は難しくなります。

 

任意整理のメリットとは

注目記事


任意整理の無料電話相談が出来る法律事務所ランキング


任意整理の無料メール相談が出来る法律事務所ランキング





ホーム RSS購読 サイトマップ