任意整理後クレジットカードが使えるのか

任意整理後クレジットカードが使えるのか

任意整理後クレジットカードが使えるのか

借金を返すことができなくなり、債務整理を考える人も多いでしょう。債務整理も種類がいろいろとあり、それぞれにメリットとデメリットが存在しているので、依頼する弁護士や司法書士の先生にしっかり説明を受け、アドバイスを受けるようにしてください。

任意整理後に多くの人が悩むのは、信用情報に傷がついていることから今後キャッシングローンやクレジットカードを持つことができなくなることです。個人の金融に関する情報がある、信用情報機関というものがあります。任意整理後には、その期間に債務整理を行ったという事実が載りますので、どの貸金業者やクレジット会社に申込んでもその事実がある限り、審査に通ることは難しいです。

まず任意整理後は所有しているローンカードやクレジットカードを利用することができなくなります。しかし任意整理後であってもそのような貸金業者のカードを利用できることもあるのです。任意整理は、債務整理したい貸金業者を選ぶことができます。よってクレジット会社を任意整理に選択しないとこれからもずっと使えることになるのです。

しかしここで気をつけなければいけないこともあります。更新時期とクレジットカード会社による定期的な審査で信用情報機関に情報を照合すると債務整理をしている事実が発覚しますのでクレジットカードの利用停止という処分を受けることにもなります。

金利などを照らしあわせて、任意でどの貸金業者を任意整理してもらうかの選択も重要ですので、その点も弁護士や司法書士の先生に相談するようにしてください。

 

任意整理のメリットとは

注目記事


任意整理の無料電話相談が出来る法律事務所ランキング


任意整理の無料メール相談が出来る法律事務所ランキング





ホーム RSS購読 サイトマップ