任意整理を弁護士に依頼するメリットとは?

任意整理を弁護士に依頼するメリットとは?

任意整理を弁護士に依頼するメリットとは?

 

任意整理というのはその名のごとく、裁判所を通さないで「任意」で債権者と債務整理の交渉をすることです。任意整理の交渉は債務者本人でもできますが、債権者も専門の部門が対応するので、素人ではなかなか思うようにいかないのが実態です。そのため、弁護士に依頼しているのが一般的です。

 

弁護士に依頼するメリットには、取り立てがあった場合は取り立てがすぐに止まるということがあります。債権者は弁護士からの受任通知を受けた以後に取り立てをすることが禁止されています。これで、精神的なストレスが少しは解消します。

 

また、過払い金があった場合は、債権者に保存されている取引履歴の開示が重要になりますが、これも弁護士の法的な圧力によって、すぐに引き出すことが可能になります。

 

なお、もっと大きなメリットとして、煩雑な業務からの解放があります。債権者との減額交渉や債務の減額幅の算定、法的な書類の作成など、仕事を続けながら合間に行うにはあまりにも負担が大きすぎます。弁護士に依頼すれば仕事に専念できますし、ミスやモレもなくなります。

 

確かに、弁護士に依頼すると高額な着手金や報奨金が必要となりますが、自分で行った場合の交渉結果や、精神的・肉体的負担を考慮すると、専門家に依頼した方が有効的であることは間違いがありません。

 

迷ったらまず無料相談をしてみることをおすすめします。
以下の事務所でできます。

 


⇒RESTA法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-501-605

 

任意整理の無料相談、実績のある事務所は?

注目記事


任意整理の無料電話相談が出来る法律事務所ランキング


任意整理の無料メール相談が出来る法律事務所ランキング





ホーム RSS購読 サイトマップ