任意整理後の住宅ローン

任意整理後の住宅ローン

任意整理後の住宅ローン

 

任意整理の手続きが終わった場合今までとは、どのように生活が変わるのでしょうか。

 

まずは、無理のない返済計画を立てているため、返済が手続き前に比べて楽になります。
しかし、自己破産と異なり、借金が0円になったわけではないので、その部分は注意しましょう。

 

そして、大きな違いの筆頭に上げられるのが銀行などの金融機関から新たな借入が出来なくなることです。
信用情報機関は借入状況などをオンラインで共有しているため、5~7年の間はクレジットカードを作ることが出来ません。
また、自動車や住宅の取得に際するローンも組むことができません。

 

いわゆる、ブラックリストに載る、ということです。

 

しかし、もともと借金がある状況なのですから新たに借入が出来ない、と捉えるのではなく、お金を借りる手段がない中で頑張ろう、と意識改革をするにはちょうど良い期間だと捉えましょう。

 

何より、督促に追われる生活とお別れできるのが一番です。
また、場合によっては過払い金が返還されることもあるので、返済はさらに負担が減ります。

 

ただ、ひとつ注意して欲しいのは任意整理手続き前に保持していたカードの中にはキャッシング出来る物があります。
貸付するかしないかは、業者次第なのでキャッシングが出来てしまう場合があります。
しかし、それも新たな借金だということを忘れないで下さい。

 

任意整理のメリット・デメリットとは

注目記事


任意整理の無料電話相談が出来る法律事務所ランキング


任意整理の無料メール相談が出来る法律事務所ランキング





ホーム RSS購読 サイトマップ