任意整理の効果について

任意整理の効果について

任意整理の効果について

債務整理の手続きのひとつに任意整理があります。この方法で整理すると具体的にどのような効果があるのか、それは簡単に言えば借金の減額ができます。なぜ借金が減額できるのかというと、それはかつて存在していたグレーゾーン金利に関係があるのです。グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められた上限金利から出資法で定められて上限金利の間の金利のことです。20%~29.2%までの金利のことをさします。つまり、この範囲で消費者金融等に借入の契約をしてグレーゾーン金利で発生した利息は、違法な利息であり取り戻すことができる利息なのです。この払いすぎていた利息で借金の減額ができる仕組みとなっています。しかし、グレーゾーン金利は2010年に撤廃されてしまっています。そのため2010年以降の貸金業者等で契約をした方には、任意整理で債務整理の手続きをしたとしても減額できるものがないので効果があまりないのです。また、グレーゾーン金利の時代から契約しているといってもグレーゾーン金利で契約したいた期間が短いと減額できる割合が少ないのです。しかし、減額の効果がなくても任意整理は将来発生する金利を0にするカットすることができます。手続きをして、借金の総額を確定させます。その金額を3年程度をめどに分割で完済できるように返済計画を組み直します。それでも3年以内に完済が難しいのであれば、返済期間を延長するか他の債務整理の方法で手続きになります。

注目記事


任意整理の無料電話相談が出来る法律事務所ランキング


任意整理の無料メール相談が出来る法律事務所ランキング





ホーム RSS購読 サイトマップ