任意整理とは何か?債務整理と違う?

任意整理とは何か?債務整理と違う?

任意整理と債務整理の違いについて

 

借金の返済に困ってしまっても、
債務整理のうちの一つで借金が減額される可能性があります。
それは任意整理という裁判所を通さずに債権者と交渉する手続きです。

 

任意整理とは?

 

利息制限法にのっとって利息を再計算、利息制限法を超える利息分については返還されます。
債務総額が少ない場合は払い過ぎていた利息分だけで0になることや現金を得られるケースもあります。
将来利息はカットされますので返済がそれだけ楽になりますし、返済期間も3年という猶予が与えられます。
基本的に減額された借金を返済することになるため、安定した収入が継続的に見込めないときは利用できません。
借金が多額の時は返済期間3年では無理なことがあります。
そのような場合には自己破産と個人再生で債務整理することが可能です。
自己破産では任意整理と違って収入がない人でも利用することが出来ます。
裁判所に支払い能力がないと判断されるとすべての借金が免責され、一から人生をやり直すことが出来ます。
その代わりに住宅や99万円以上の現金や20万円以上の預貯金などは差押えとなります。
個人再生では任意整理よりも大幅に借金の減額が見込めます。
自己破産と違って今ローンを返済中の住宅は差し押さえられることはありません。
個人再生を大ざっぱに言うと任意整理と自己破産の中間のような手続きです。

 

任意整理の無料相談、実績のある事務所は?

注目記事


任意整理の無料電話相談が出来る法律事務所ランキング


任意整理の無料メール相談が出来る法律事務所ランキング





ホーム RSS購読 サイトマップ