任意整理と信用情報/ブラックリストについて

任意整理と信用情報/ブラックリストについて

任意整理と信用情報※ブラックリストにのるのか

 

任意整理というのは、借金を合法に解決できる方法の1つですが、債権先の金融機関や貸金業者にとっては信用を失う一種の事故になるわけですから、事故情報が個人信用情報機関=ブラックリストに掲載されてしまいます。
事故情報に掲載される内容は、債務者の延滞期間や弁護士や司法書士が債務整理を委任した日時などが主にデータ登録され、ブラックリストの適用は一定期間の間と決められています。
同時にブラックリストは、お金を貸し付ける金融機関やカード会社が審査の際に申込者の返済能力を確認する貴重な個人データにもなるので、任意整理してブラックリストに掲載されると暫くはローンや新規のクレジットカード作成は難しくなる可能性は高いです。
しかし、任意整理をしてブラックリストに事故情報が掲載されている期間は永久ではなく、ある程度の時間でリストから消去されると言われており、大体5年程度で別の借入先でローンを改めて組めたというケースも少なくありません。
ですから任意整理に限らず、どんな手段で借金整理したにせよ、ブラックリスト掲載後は平均5~7年で事故記録はきれいになり、その時に改めて借り入れ審査を受けると幾分通りやすくなるかもしれません。
しかし一旦お金を借り入れて返済事故を起こしてしまった所では、社内情報で永遠にブラック扱いされるのは必至ですので、債務整理後にローンを組んだりする時は気を付けましょう。
もし過去の事故情報がブラックリストにまだ掲載されているか気になる時は、手数料500円~1000円で登録情報の開示を求める事もできるので、逐一確認してみるのも良いでしょう。

 

任意整理のメリットとは

注目記事


任意整理の無料電話相談が出来る法律事務所ランキング


任意整理の無料メール相談が出来る法律事務所ランキング





ホーム RSS購読 サイトマップ